>REBLOG?
>REBLOG?
お坊さんが木魚を叩くたびに木魚の上に
1
2
1
ってダメージ表記が浮かび上がって時々
42
とかクリティカルが入る光景やばい
>REBLOG?
理系の男性にありがちな「相手の言いたいことが厳密に定義できるまで判断を保留する」という態度は、当然ながら、モテない
>REBLOG?

avianawareness:

THEY JUST KEEP GETTING BETTER

>REBLOG?
>REBLOG?
>REBLOG?
あなたに対して責任があるはずの世代が、あなたに責任を取らせている
>REBLOG?
>REBLOG?

運が良い人はタイミングが良いように見えるのは事実です。自分の周りにある、自分にとって有利なことをやっているのです。幸運な人にとって、運を引き寄せる方法とか、運が遠のく原因というのはありません。アメリカの経営学者でドラッカーの弟子でもあるジム・コリンズが、「振り子のどちら側でも高いリターンが得られる」と言っているように、得るものがある時に行動するということです。

これから紹介する5つの行動を実行すれば、誰もが幸運になれます。四ツ葉のクローバーも茶柱も必要ありません。

1. 強みを活かす

そこまで得意ではないことに挑戦するのに、あまりに多くの時間とエネルギーが使われています。「Inc.」のライターでありコラムニストのLewis Schiffさんが、富裕層を対象に調査したところ、彼らは自分が一番得意なことだけに集中することで、巨万の富を得ていることが分かりました。それ以外のことは、自分の弱点を補ってくれるパートナーを捜すか、誰かに委任しています。そうすれば、自分は得意分野や面白そうなチャンスで活躍することができます。成功している人のところに幸運は訪れます。


2. 前もって準備する

不幸な人というのは、何が起こっても大丈夫なように準備ができておらず、起こったことに対して対症療法的に反応しています。地下に食料と水を備蓄している人は、災害に見舞われても、不幸には見舞われないでしょう。まさかの時に必要なものを、先を見越して事前に準備しているのです。最近のビジネス界でよく見られる傾向として「物事は常に移り変わっているので事業計画を綿密に立てる意義は薄い」という考え方がありますが、私は同意できません。事業計画において大事なのは、盲目的に目標達成を目指すことではなく、不確定要素を考えた上で賢い判断ができるように仕組みづくりをすることです。


3. 動き出しを早くする

1日を他の人よりも長く感じている人がいます。私の場合、睡眠は6時間で十分なので、起きている時間をより効率的に使う方法を常に探しています。他の人より寝ない分、余った時間は仕事を早めに準備するために使っています。それによって私の報酬が増えるわけではありませんが、数カ月後もしくは数年後に完了させたいと思っている仕事のために動き始められることが重要なのです。すぐに手に入る物のためだけにエネルギーを注ぎたいという人が多いですが、私の知る最も幸運な人たちは、早めに種をまき、今幸せという収穫を得ています


4. できるだけ多くの人とつながる

成功するために大事なのは、チャンスに出会うことです。影響力が出会いを運んできます。あなたが影響力のある人物になれば、人が集まり、チャンスを運んでくれます。あなたの仲間やあなたを支持する人が増えれば、それだけあなたの影響力が大きくなります。自分の仲間や支持者を増やす唯一の方法は、多くの人に価値を提供することです。それも、その人があなたの考えを遠くまで広めたくなり、広めた時にはあなたに良い影響があるような、価値を提供しなければなりません。そのような価値を提供していますか? していないなら、どうすればそのような価値が提供できるか考えましょう。


5. 次の一手を大事にする

チャンスというのはタイミング良く反応しないと逃げていきます。最初の行動は起こすのに、次の行動に移せない人を何人も見てきました。3カ月前、若い女性が私にアシスタントかインターンとして雇ってほしいと言ってきました。私はすぐに「私の仕事に何かしら価値を与えてくれる人だったら喜んで雇いますよ」と答えました。「あなたは私にどんな価値を与えてくれますか?」と聞いたのですが、何も回答はありませんでした。おそらく、彼女はチャンスが回ってこない自分はなんて不幸なんだ、などと考えていることでしょう。私は、最初の発言や行動よりも、その後に続く発言や行動の方がより強く印象に残ると思っています。

>REBLOG?
>REBLOG?

ショートバージョン

鳥山明 「この前もパチンコ会社からドラゴンボールで作らせてくれってきましたよ(笑)でも、きっぱりと断りました」


─なぜですか?


鳥山明 「私は自分のキャラクターが、パチンコという大人の賭博に使われるのが我慢ならないんですよ。

漫画を大人の賭博に使って、お金のために誇りを捨てる人たちがたくさんいる」


─たとえば誰ですか?


鳥山明 「誰でしょう?(笑)たくさんいるじゃないですか。私は絶対に、パチンコに作品を売ったりしませんよ。

だってそうでしょう、自分の子どもを賭博屋に売る人間がいますか?」


ロングバージョン

確認できるのは「寺田克也全部―寺田克也全仕事集―」収録の鼎談だな。

424頁中段から。

捏造とか抜かしてたマヌケは今すぐ買って十回読め。

以下抜粋。


鳥山「こないだも某パチンコ会社から来たんですよ。ドラゴンボールでパチンコ台作らせてくれって。

 まあその場は忙しいって切って、後日担当を通じてキッパリと(笑」


寺田「断るの苦手ですもんね、鳥山さん。」


鳥山「勘弁してくれよというね。やっぱりイヤじゃないですか。

 子供たちのために、ためにって言ったら押し付けがましいんですが、

 そういうキャラクターが、パチンコはねえだろっていうね。」


―やはり抵抗が?


鳥山「そりゃそうでしょ。自分の子供をサ(検閲)売るみたいなもんじゃない。」


寺田「さらりと危ない発言が(笑)。でも本当そうですよね。

 まあ俺なんかそのサ(検閲)を楽しんでるんですけども(苦笑」


この本は他にも金子一馬との対談とか載っててえらく豪華なんだが

なぜか「ペインタボン!」の大友克洋対談ばかり取り沙汰されるんだよな。

買うのがそういう層だってことか・・・。

ちなみに文脈は


鳥「寺田くん、競輪とか行く?」

寺「賭け事はちょっと。パチンコくらいですかね。今ってルパン3世のタイアップとかしてるんですよ。」

鳥「ああ、なるほど。」

―先生の作品もいつかパチンコになるかも・・・。

鳥「いやいや、それはありません!これは断言します。」

寺「おお、なんでまた。」


という流れ。

99年当時はタイアップ機があまりなかったことに注意。


鳥山明がパチンコ化を許可しない理由として上げられているコピペ。最初に出回ったショートバージョンは、出典も書かれていないので程なく信用されなくなる。で、その後に出回ったロングバージョンは、


  1. 寺田克也全部」という具体的な書名が添えられている
  2. 424ページという具体的なページ数
  3. 金子一馬大友克洋との対談もある」という周辺情報

と如何にもそれっぽい情報だが、「現物を見て確認しよう」の精神で3000円で購入したところ


  1. この本は全部で300ページなので424ページは存在しない
  2. この本に鳥山明金子一馬大友克洋との対談、鼎談の類は全く無い。

と、上記の「ロングバージョン」は全くのデタラメであった。

>REBLOG?
「好きな人には親切に 嫌いな人には丁寧に」
>REBLOG?

(Source: animemountains)

>REBLOG?

milisaz:

Because library porn

(Source: maleficent-z)

>REBLOG?